医者

抗生物質ジスロマック

ジスロマック

クラミジアとは、殆どの性行為によって感染する性感染症(STD)の1つとなっています。
感染者の粘膜や男性の精液、女性の膣分泌液などに直接触れてしまうことで感染してしまい、セックスはもちろんのこと、アナルセックスやオーラルセックスなども感染の条件を満たしてしまいます。
風俗店の利用をする男性であればサービスがオーラルセックスが主流のため、フェラチオなどによってノドから感染してしまうケースもあります。
感染率が非常に高い病気でもあり、10~20代の若者を中心に感染が拡大している病気でもあります。
国内の感染者数は100万人を超えるとも言われ、STDの中でおトップクラスの感染率を誇ります。
原因となっているのはトラコマティスとう大きさが0.2~0.3ミクロンほどの大きさのとても小さな細菌が原因菌となっています。
人の性器やノドに住み着き、炎症を起こさせたり、場合によっては感染者の分泌液が目に入ると激しい痛みを伴う結膜炎の症状を起こしてしまうことがあります。
感染者の使用したコップやペットボトル、お風呂の椅子や便座などからは感染することはなく、あくまでも性行為のみが感染の経路となっています。
クラミジアは自覚症状を伴わないことで有名であり、男性の5~6割の方は感染したことに対して無自覚であり、女性の場合では8割近くの方が感染に無自覚であり、症状を放置してしまいます。
男女共に不妊症の原因とも言われており、感染に対して早期発見はもちろんのことパートナーに感染させないために予防するためには定期的な検査を病院や検査キッドを使って自宅で行うことをお勧めします。
感染してしまった場合には有効とされている薬が、抗生物質であるジスロマックが治療には有効となっています。
ジスロマックとは、ニューキノロン系に分類されている抗菌薬なので、原因菌の増殖を防ぐことができるようになっています。
非常に画期的な薬でもあり、1回の服用でよく、効果が1週間持続してくれますので、飲み忘れや自己判断での薬の服用中断を回避することができ、きちんと治癒させることができます。
1週間で治る確率も90パーセントを超えているので効果の優れた薬となっています。

Copyright © 2015 クラミジア消滅!ジスロマックとクラビットの共通点 All Rights Reserved.