医者

クラミジアの危険性

クラミジア

クラミジアとはどのような病気なのかということを理解されておりますでしょうか?
この病気は性器感染症の一種で、クラミジアトラコマチスにより発生するSTD(性行為感染症)のことを指します。この性感染症は、女性の不妊だけではなく、男性不妊との関連性も指摘されており、現代のとても問題とされているものの、とても厄介なのが、自覚症状があまり見られないため、自身が感染しているということに気付かず、性行為を1人のパートナーとだけではなく、複数人と行うことにより爆発的にこの性感染症を広げてしまう結果となるわけです。
しかし性行為を行う際に、しっかりコンドームを使用することで、男性の尿道分泌物が女性の性器に入り、女性の性器から男性の尿道への感染を防ぐことができるのですが、近年の若者への性行為を行う際、なんとコンドームを使用しないといった男女の数がとても多いとされており、また女性の中では生理不順といった問題を軽減させるために飲んでいるピルを服用していることで、コンドームをつけないで、また女性器内に射精をさせているという女性がいるという報告までありました。
女性は特にこのクラミジアに関しては気付きずらく、さらにはオーラルセックスの際に性器から咽喉に感染するケースがとても増えております。
なぜ男性と比べ女性が感染をしたことに対して気付くのが遅れてしまうのかというと、男性と比べるとその感染した後の症状自体がほとんどないため、なかには感染したことに気づかないまま何年も経過してしまうといったケースもあります。
また、この感染症が蔓延している原因として、
近年では各風俗店舗ではオーラルセックスによるサービスが主流となっているため、咽喉感染による感染が蔓延している現状です。
性器での検査ではその症状がみられていない女性でも、咽喉の感染が原因となり、パートナーに移してしまうケースがとても多いようです。
女性はとくにしっかりと定期検査を受けて自身が感染をしていないかを確認することを強くお勧め致します。

Copyright © 2015 クラミジア消滅!ジスロマックとクラビットの共通点 All Rights Reserved.